「ゲーム文化」という言葉は、人気ビデオゲームにまつわる文化を連想させます。フォートナイトやマインクラフトなどのビデオゲームをプレイすることに没頭している人々はゲーマーと呼ばれます。世界中の少数派の人々が、ゲーム文化を中心とするひとつの生態系を作り上げるだなんて、予想だにされていなかったでしょう。このことは世界中の幅広いゲーマーたちに影響を与えてきました。

略歴

インターネットを娯楽利用することの重要性の高まりは1990年代のビデオゲームの誕生を招きました。「ブラウンボックス」と呼ばれる当初の家庭用ゲームシステムは、1967年にラルフ・ベアと彼のチームによって設計されました。それ以前は、家庭用ゲームやビデオゲームは、まるでエイリアンのような存在でした。技術進歩とガジェット時代の到来により、新しいマルチプレイヤーゲームへの扉が開かれ、それ以来、ゲームの数は増加の一途を辿っています。ゲーム世界の変化はまた、ゲーム文化に大きな変革をもたらしました。

オンラインゲーム

より高速でより安定したインターネットが普及することで、世界中の人々と繋がり、対戦ができる新しいタイプのマルチプレイヤーゲームに挑戦することが可能となりました。同じコンセプトがカジノにも当てはめられ、伝統的なカジノ設備での体験をオンラインで展開する努力は大成功を収めました。このようにギャンブルとゲームを取り巻く文化は一変しました。オンラインゲーム文化の登場は、4chanのようなサイトの誕生にもつながり、ゲーマーたちは自分の好きなゲームについて語り合ったり、世界規模で繋がりを持つようになりました。

オンラインゲーム

コスプレ

ドレスアップ、またはコスプレと呼ばれる行為は日本で発明されました。アニメと関連の強かったコスプレにより、日本文化が露出することとなりました。コスプレはゲーマーを中心に、一部の衣装やキャラクターが世界的に有名になり、大金を稼ぎだすほどに、インターネット上で一大旋風を巻き起こしました。

社会の変化

この30年でゲーム文化は劇的な改善を見せてはきましたが、今もなお留まるところを知りません。ゲーム世界や文化には十分な数の女性のファン層があったことも事実ですが、それでも男性優位のものでした。しかし、近年の社会の変化を考慮して、ゲーム圏にもより多様なキャラ性が見られるようになってきました。その中には、若者、LGBT、更には障害者コミュニティのプレイヤーも含まれています。社会的課題と進歩は、いいも悪いも、ゲーム文化に大きな影響を与えきました。

ゲーム文化の将来

新しい技術やガジェットが発明され、1時間ごとに既存のものが常にアップグレードされるため、オンラインゲームとゲーム文化の将来に与える影響を予測することは困難です。しかしながら、バーチャルリアリティや拡張現実のような新しい技術は現実のものとなり、文化に良い意味で変化をもたらす可能性があります。いったいどうなってしまうのでしょうね?

ゲーム文化の将来

結論

以前は、ゲームは暇つぶしのスポーツのようなものと考えられていました。しかし、数年後には10億ドル規模の産業へと変貌し、1時間ごとに新しいゲームが開発されるまでになりました。テクノロジーと共に、近年ではゲーム文化やエチケットも進化しています。とは言ったものの、ゲーム文化と新しいビデオゲームにおける変化は、正しい方向だけでなく、誤った方向へも、仲間たちを導いてしまうことがあるのも事実です。ゲームは必需品というよりもレジャーだと捉えて、文化の良い部分を引き出すことが賢明で安全だと言えるでしょう。